原 三智子

資格


  • 一般社団法人アロマウェルビーイング協会認定 介護アロママスターインストラクター
  • 英国IFA認定国際アロマセラピスト
  • 英国IFA認定アロマタッチケアラー講師
  • 英国IFA妊娠期とアロマセラピーモジュール修了
  • 一般社団法人アロマウェルビーイング協会代表理事
  • アロマテラピースクール ハーブドロップカレッジ代表

経歴


神奈川県在住。

30代後半、会社勤務、子育て中に不定愁訴を感じているときに、自然の中に身を置いているような心地よい精油の香りとの出会いでアロマテラピーを仕事にすることを決める。

40代前後の女性が健康になり、生きがいを感じながら人生を歩むお手伝いができればと、2002年、自宅にてアロマテラピーサロンを開業。

アロマ以外の自然療法も融合させながら、サロンのお客様のメンタルケアに活かし、約3000人以上のお客様を迎えた。そして、アロマトリートメントで心と体の調和を図り、自然治癒力をお客様自身が高めるお手伝いをしながらホリスティックなケアを実践してきた。

少しずつ講座を開催しながら、アロマテラピースクールハーブドロップカレッジを設立。延べ7000人以上の卒業生を育成する。

卒業生には、介護福祉士や看護師の方も多く来校し、ご高齢の方のためにアロマでケアをしたい、喜んでもらいたいというお声を数多くいただくようになる。これからの日本社会にはご高齢の方の数もさらに増え、特に認知症の症状を訴える方がご家族にも施設にも増えているのを実感する。

2018年、介護アロマテラピーに特化した一般社団法人アロマウェルビーイング協会を設立する。

介護アロマを実践することで、介護者と介護を受ける人双方の心が穏やかになり、安心して施術を受け、「ありがとう」という言葉と笑顔をもらい続けている。そして、アロマテラピーとコミュニケーションでお互いに幸せになる介護ができるセラピストが家庭内におり、病院・施設内でチームを組み、全国で活躍できるよう応援していこうと決める。

現在、介護アロマセラピストや介護アロマインストラクターの育成に力を注ぎ全国に介護アロマの風を吹かせている。また、介護施設や障害者施設でアロマハンドケアの実施やアロマテラピー講座を開講している。

開催講座