介護アロマテラピーについて

介護アロマテラピーについて

介護アロマテラピーとは、

  • 植物から抽出した精油を活用し、介護が必要なご高齢の方や障がいのある方の嗅覚にアプローチして、脳を活性化し、心を安定させる。
  • 優しく包み込むコミュニケーションでその方に寄り添い、人生がしあわせな気持ちで満たされるよう手助けする。

このようなセラピーです。

介護アロマテラピーの成り立ち

アロマテラピーを実践してきた過程で、医療現場でもアロマテラピーの研究が進められています。

特に認知症のご高齢の方に精油の有効性が立証されはじめました。そこで協会では、ご高齢の方や障がいのある方に精油を使用して、アロマハンドケアやフットケアなどを実施し、多くの笑顔と喜びの声をいただくことができました。

そして、アロマテラピーをもっと介護分野に広めていけることを確信し、「介護アロマテラピー」と名付け、活動しています。

介護アロマテラピーと一般的なアロマテラピーの違い


介護アロマテラピーとは、シニア向けのテンダーアロマです。難しそうと思われていますが、優しい香りを使ったシンプルなアロマテラピーです。

1優しいハンドケアで、ご高齢の方のおからだの状態に合わせてタッチは弱めです。
2誰でもお持ちの「優しさと愛」を持った姿勢で取り組みます。
3介護独自の知識を習得できます。
4介護に適切な精油を選択します。
5ご高齢の方とコミュニケーションが深まります。
6社会的意義(ご高齢の方のケア、認知症などの理解)を持ちながら活動ができます。

これらの働きかけにより、ご高齢の方が笑顔になり、「また来てね」「気持ちがよかった」「いつもありがとう」という声をいただくことができます。介護施設内も心地よい香りで満たされ、働く職員も入居しているご高齢の方も喜びにあふれます。

介護アロマセラピストを育てることで、人に教えるという新しい価値観を創造します。介護という、今後、誰にでも起こりうる問題をとおして、協力していける生徒たち、他のメンバーとのコミュニティを築いていける場でもあります。

また、卒業生は病院、介護施設等のご利用者様、ご高齢のご家族へ介護アロマを役立てています。

喜ばれる介護アロマテラピーの3つのポイント


Point1 介護アロマ基礎ハンドケアを学ぶ

施設での活動で培ってきた実体験を基盤に、高齢者向けのアロマテラピーの基礎知識を学び、初心者でも短時間でハンドケアを習得できます。

Point2 介護アロマ実践ハンドケアと介護アロマフットケアを学ぶ

ベッドサイドでのハンドケアや、高齢者からの要望が高いフットケアの施術法を学びます。さらにレクリエーションで活用できる楽しいアロマクラフトも作ります。そして介護アロマセラピストとして活躍できるようになります。

Point3 アロマヒュッゲ

ひとりきりの介護は、想像以上に大変なことです。「親の介護にもう疲れた」、「仕事がしたいけど、親の介護で…」など。ひとりで介護をしないですむように、同じ境遇にある仲間と出会うことができます。介護体験、施設の入居者の様子、実践した感想などに共感し、応援し合えるコミュニティに参加できます。