いつもありがとうございます。

1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心に認知症の啓蒙を実施しています。また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、様々な取り組みを行っています。(厚生労働省より)

当協会でもご高齢の方の認知症について考える月間として取り組んでいます。介護アロママスターインストラクターが毎月参加している定期的な茶話会(研修会)では、今月は認知症について看護師、介護士、家族を介護中のケアラーなども交えて話し合いをする予定です。

ご高齢の家族の物忘れが増えてきた、思い込みが激しい、お財布をどこにしまったか忘れたなど、様々なできごとが突発的に起こります。その対応をするご家族も動揺したり、時間を取られたりと大変な思いをされているかと思います。

いざという時に慌てないように、体験談をシェアできる場があると安心して過ごすことができます。


講師と会員のみなさまがこのような場を共有できるようこれから当協会も積極的に取り組んでまいります。