福永 則子

資格


  • 一般社団法人アロマウェルビーイング協会認定 介護アロママスターインストラクター

経歴


神奈川県在住。

大学卒業後、企業でエンジニアとして勤務する。1990年代当時広まり始めたアロマテラピーに「香り」という側面から興味を持つ。

イギリスの高品質な精油メーカー「クインエッセンス」社の創業者に師事した講師のもと、200時間以上のトレーニングを経てアロマセラピストのディプロマを取得。香りの心地よさだけではなく、様々な薬理効果を持つ精油の奥深さと可能性を知る。その後日本人の体質に合った日本の東洋医学とアロマテラピーの関わりについて学ぶ。

結婚、出産後、幼児期や学童期の子供たちと触れ合う時間を大切にしながら、メディカルハーブの知識を深め薬草辞典のライティングに携わる。

また、中医学に基づく「耳つぼ」セラピーのディプロマを取得。年間200人以上のお客様の耳にふれ、心身を整えるお手伝いを通じ東洋医学の理論を実践する。

父親の5年にわたる病気や介護を通し、介護する人される人両方の心と身体の痛み、たくさんのストレスといった介護の現実と直面する。

何か自分にできることはないかと模索していた時、「介護にアロマの風を吹かせる」アロマウェルビーイング協会と出会う。ご高齢の方、障害のある方のケアについて学び、介護アロマを多くの方に実践していただくため、協会認定講師となる。

さらに、ケアホームで介護アロマケアを定期的に行うなど、ご高齢の方から喜びの声と笑顔をたくさんいただき、アロマウェルビーイング®を広く知っていただくため精力的に活動中。