介護アロマテラピーと一般的なアロマテラピーの違い

介護アロマテラピーと一般的なアロマテラピーの違い

介護アロマテラピーとは、シニア向けのテンダーアロマです。難しそうと思われていますが、優しい香りを使ったシンプルなアロマテラピーです。

1優しいハンドケアで、ご高齢の方のおからだの状態に合わせてタッチは弱めです。
2誰でもお持ちの「優しさと愛」を持った姿勢で取り組みます。
3介護独自の知識を習得できます。
4介護に適切な精油を選択します。
5ご高齢の方とコミュニケーションが深まります。
6社会的意義(ご高齢の方のケア、認知症などの理解)を持ちながら活動ができます。

これらの働きかけにより、ご高齢の方が笑顔になり、「また来てね」「気持ちがよかった」「いつもありがとう」という声をいただくことができます。介護施設内も心地よい香りで満たされ、働く職員も入居しているご高齢の方も喜びにあふれます。

介護アロマセラピストを育てることで、人に教えるという新しい価値観を創造します。介護という、今後、誰にでも起こりうる問題をとおして、協力していける生徒たち、他のメンバーとのコミュニティを築いていける場でもあります。

また、卒業生は港区立台場ご高齢の方住宅センター、港区障害保健福祉センター、リハビリ病院等で介護アロマハンドケアを実践し、ご高齢の家族や施設の入居者などに役立てています。