コロナウイルスの感染拡大で、不安もあり学校や公共施設・イベントの閉鎖で、いつもと違った過ごし方となることでストレスがたまりがちです。

今回は、コロナウイルスに負けないように、高齢者の方にもできる免疫力を身につける方法をご紹介いたします。

ストレスを感じると、自律神経・免疫・ホルモンのバランスが崩れ、心身に不調が現れてきます。

自律神経とは

自律神経とは、体が自分の体のバランスを整えようと働いてくれる神経です。

自立神経のバランスが崩れると

  • 体温が上昇する
  • 心拍数が上がる
  • 免疫力の低下
  • ホルモンバランスが崩れる
  • 呼吸が乱れる

など体の不調として現れます。

そこで、今注目されているのは アロマテラピーの活用です。

自然の香り(天然100%の純粋なエッセンシャルオイル)は、嗅覚から脳の大脳辺縁系を刺激して、自律神経・免疫・ホルモンのバランスを整えてくれることがわかっています。

睡眠や栄養バランスの良い食事をしっかりとりながらアロマの香りを生活に取り入れてみましょう!

優しい香りが、気分転換や安心感へ繋がり、体のバランスまでも整えてくれます。

深呼吸の効果

また、深呼吸しながら香ってみることは、とても良いことです。  

深呼吸は、大きく鼻から吸って、少しだけ呼吸を止め、ゆっくりと息を吐くことで自律神経の中の副交感神経が刺激され脈や血圧もバランスをとり、気持ちも落ち着つかせる効果があります。

体のストレッチが、自律神経を整えるといわれているのは、ストレッチをするときのゆっくりと息を吸い、ゆっくりと息を吐く呼吸法にあります。

自分が心地よいと感じるアロマの香りをぜひそばにおいて、ゆっくりと深呼吸をしてみてくださいね。

アロマテラピーは初めてで、使い方がわからない・・という方も大丈夫です。

簡単な使い方をご紹介いたします。

菌やウイルスにも効果があるといわれているエッセンシャルオイル

レモン・ラベンサラ・ティートゥリー・ローズマリー・ユーカリラディアータなどはおすすめです。

お好みの香りと組み合わせて使用しても楽しめますね。

エッセンシャルオイルの使い方

エッセンシャルオイルは、容器を軽く傾けると、ゆっくりと1滴落ちてきます。

容器を振らずに、そっと傾けてみてください。

  • 好きな香りのエッセンシャルオイル(天然100%)を1~2滴、ティッシュやハンカチにつけて顔の近くに置き、深呼吸する。
  • 室内の加湿器(アロマ対応型)に2~3滴入れておく。子供さんの場合は嗅覚が敏感なため、大人がほんのり香る程度がおすすめです。赤ちゃんは、ママのにおいが大好きです。

マスクスプレーを作る。

スプレー容器50ml 無水エタノール・精製水・アロマエッセンシャルオイル5滴を準備します。

  1. スプレー容器に無水エタノール5mlを入れます。
  2. アロマエッセンシャルオイルを合計5滴入れ、容器をよく振り混ぜ合わせます。
  3. 精製水を2へ45ml入れ、容器をよく振り混ぜ合わせます。出来上がり!
  4. シールラベルに、作成日・使用したアロマエッセンシャルオイル名と滴数を記入しスプレー容器に貼る。
  5. マスクに直接スプレーして使います。香りの好みで、プッシュ回数は調節してください。

注:作成してから約2週間で使い切ります。

椅子にすわったままで、ストレッチ体操

鼻からゆっくりと息を吸い、少しだけ息を止めた後、口からゆっくりと息を吐くことを意識しながら体操をしてみてください。

体調に個人差があると思いますので、無理のない体が心地よくなる程度で、体を動かしてみてください。

  • ゆっくりと深呼吸をしながら、手のひらをゆっくりとしっかりグーパーグーパーを繰り返す。5回
  • 両肩をすぼめるように、深呼吸をしながらゆっくりと上にあげ、肩をあげたまま少しだけ息をとめ、口からゆっくりと息を吐きながら、ゆっくりと肩をもどす。5回
  • 両腕を上がるところまで無理せずに上げ、ゆっくりと深呼吸をしながら、両腕をゆっくりとしたに下す。    
  • 椅子にすわり、足を片足ずつ床に平行になるまでまっすぐに伸ばしたまま、5秒程深呼吸をし、ゆっくりと足をおろす。両足を交互に、3回行う。
  • 椅子に座ったままでゆっくりと深呼吸をしながら、その場で足踏み運動をする。できるだけ太ももを高く上げるとよい。5~10回

いかがだったでしょうか?

日常生活に、ほんの少しの工夫をプラスすることで、すこしでもストレスを減らし、免疫力を上げることができます。ご家庭でも、職場でも、自分にできることを始めながら、どうぞ皆様がお元気で過ごせますようにお祈りしております。

一般社団法人アロマウェルビーイング協会 副理事/看護師 原 幹子